« 久々の京都 その3 ドンタスで還俗? | トップページ | NHKのど自慢 批判概論 23 関東甲信越 »

2017年8月20日 (日)

NHKのど自慢 批判概論 22 ・・・

旅行に出ていたので、投稿が大幅に遅れました。

今回は松本市
そして今回は、特筆すべき事件があまりない回でありました。
強いていえば、鐘ひとつが2組あったことぐらいでしょうか。
会場の松本市民芸術館は大変立派なホールでありました
Img_7846
ゲストの布施明氏はご覧のように霧の摩周湖を歌われました。1966年の発表ということは
実に51年前の曲、現在69歳のこの方が18歳の時に発売された曲ということになります。
で、興味が湧くのは、果たして同じキーで歌っておられるのかどうか?
調べてみました。
同じAmでありました。すばらいし!!
先週旅先で見た小田和正(布施明さんと同じ69歳!!)を追いかけた番組で、この声の大変高い方ご本人が言っておられたのですが、「声が出なくなったら歌うのは潔くやめる」とのこと。
よくあるセルフカバーなどということはしないと・・・
布施明さんも18歳当時のこの楽曲をちゃんと同じ音程で歌える。
素晴らしいことです。
しかし、なぜ51年前の「霧の摩周湖」なんでしょうか?
やはり、少し前に急逝した作曲者の平尾昌晃氏への鎮魂ということでしょうか
司会の小田切千も平尾昌晃氏の曲と紹介しておりました。
ちなみに、出場者は「君は薔薇より美しい」を熱唱でありました。
*
ではまた

« 久々の京都 その3 ドンタスで還俗? | トップページ | NHKのど自慢 批判概論 23 関東甲信越 »

NHKのど自慢批判概論」カテゴリの記事

コメント

7月に恩師平尾先生が急逝されました。
その2ヶ月前に先生と2人で「霧の摩周湖」を熱唱された番組を見ました。
今回 その曲を選ばれ、心を込めて歌ってられた様に感じとれました。
お二人の「霧の摩周湖」動画でご覧下さい、師弟関係 素敵だったし感動です。

コメントありがとうございします。平尾さんと布施さんの「霧の摩周湖」拝見しました。素晴らしいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKのど自慢 批判概論 22 ・・・:

« 久々の京都 その3 ドンタスで還俗? | トップページ | NHKのど自慢 批判概論 23 関東甲信越 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ