« 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにその後 | トップページ | 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにまたその後 »

2019年2月17日 (日)

NHKのど自慢 批判概論 55 出だし間違うも鐘2

NHKのど自慢 批判概論 55 出だし間違うも鐘2

*
久々の通常放送のど自慢について同日中に!!
本日、新潟市から
ゲストは増位山(70)とご当地出身の小林幸子(65)
Img_3784
ともに結構なお歳だが、
若く見えますねぇ。
小林幸子さんなど胸の谷間を強調し、少なくともテレビ画面上はとても65歳にはみえない。
これが4K 8K放送になると、そうはいかないのではない?
*
そして本編!!
91歳ご長寿枠
の男性が「孫」を歌われた
91歳であれば孫とて結構な歳、4人の孫に3人のひ孫がいるとのこと。
ちなみに、もし私の父親が生きていれば102歳だが、唯一の孫はまだ6歳!!!
それは余談だが
超高齢化社会の現代
そのうち
「ひ孫」
などという歌もできるかもしれない。
あー!!
28年ぶり2度目の出場51歳男性が、前回と同じ「お嫁サンバ」を歌い、前回は鐘1つが今回は鐘2つに躍進?!
67歳男性が小林幸子の「雪椿」をそのままのキーで歌い感心され・・
ちなみに、小林幸子の歌はこの方のみで、女性はいなかった。
バーチャルのど自慢においても、紅白まがいの巨大な「バーチャル小林幸子」としていじり倒されたこの方の「お国入り」にしてはちと寂しい?
そして最後に登場した66歳の女性。
「ろくでなし」の歌の入りをつかめず、伴奏からやり直しとなった。 
すかさず、小林幸子が寄って来て
歌い出しを支援(下の写真は歌い出しの瞬間であります・・小田切千もいっしょに!!!)
Img_3791
のど自慢ならではの微笑ましい一瞬であります。
2回目は無事に歌い
鐘2つ
ん?
歌い出しを外すなどは、これまでの経験からすると
そもそも
「鐘1つ」を申し渡すべき
大失態だが・・・
情状酌量ということでありましょうか?
*
最後に「大トリ」として登場した小林幸子さん
Img_3790
衣装を戦闘服に着替え?!
鬼気迫る歌唱でありました。
*
地元とて小林幸子が前面に押し出された?今回でありました。
ではまた。
#小林幸子 #のど自慢

« 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにその後 | トップページ | 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにまたその後 »

NHKのど自慢批判概論」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHKのど自慢 批判概論 55 出だし間違うも鐘2:

« 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにその後 | トップページ | 長期休業中の味噌雲呑麺の店 さらにまたその後 »

フォト
2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カテゴリー

無料ブログはココログ