郵便局

2015年1月 6日 (火)

郵便局ネタ

本日、郵便局に行った。

目的は3つ
●海外への年賀状のために切手を買い足す(52円の年賀状に18円分の切手を貼る必要がある)
●印刷に失敗した年賀状を引き取ってもらい、新しいものと交換する
●それでも足りない分を新たに購入するため(頂いたがこちらから出してない方用の年賀状)
少し並んで私の番になると、窓口で応対した係の中年の男性は、やや困ったような表情で、次のようにいうのであった。
「それぞれ会計が別になりますので、ひとつひとつやります」
なんてこった!!!
●まず、切手の購入
住所録から宛名印刷した年賀状の内、一枚だけの海外宛のものを、うっかり 追加分の切手を貼らずに他のものと一緒に投函してしまったのが、郵便局がちゃんと仕事をしたらしく、料金が足りないと戻って来た。これをあらためて出そうとしたのでありました。窓口にだすと、
「どこ宛ですか?」と、窓口の中年
「え?」と、私
たしかに、住所は印刷されているか、肝心の国名が書いてない!!!
なんてことだ!!そうだ、毎年国名と「Air Mail」は、後から手書きしてたのをすっかり忘れている。
二重にドジでありました。
そして、ボールペンを借りて「国名」と「Air Mail」を例年通り"無事"書き込んだのであった。
窓口の中年男は
「18円です」という。
たしか、去年(消費税増税前のハガキ50円のとき)も合計70円だったはず。
ということは、エアメールは値下ということか!!
さらに追い討ちをかけるように、窓口中年男
「3枚になってしまうんですよ!!」
なんと18円分のために3枚(3種類)の切手を購入する費用がある。10円、5円、3円
郵便局で封書を投函するときのような、いわゆる普通の切手ではない白地に赤のやつで、18円分とかいかないのだろうか?
郵便局自身が18円分払ってあることが分かればいい訳だし。
そんなことを思いつつ、20円払って2円のおつりを受け取り、郵便局特有の長い領収証書を受け取った。
下の方には領収証書とは関係のない犯罪防止のための余計なことが書いてある。
「空いてるところにはってください」
と、窓口中年。
年賀はがきに切手がベタベタ。残念ながらあまり美しいものではない
●次に、印刷に失敗した年賀ハガキ3枚を新しいものに交換、(手数料が一枚5円かかる)
50円玉を一枚出して、35円のおつりを受け取った。そしてまたしても長い領収証書を受け取った
●つぎに、年賀はがき4枚(208円)の購入
これは500円玉一枚と10円玉一枚を出し、普通に302円のおつりを受け取り、またしたも長い領収証書を受け取ったのであった。
私の手元には3枚の郵便局特有のながーい領収証書が。
Rimg6627
一遍に一枚でできんのか!!!
友人曰く、「製紙業界からもらってるんだきっと」だと。

2014年12月12日 (金)

ゆうちょへの郵便

NPOの銀行口座でネットバンキングを利用しています。

ときどき残高を見るぐらいの利用で、設立以来まる5年になるが、NPOの口座から個人に支払いをしたことはなかったのですが、今回初めて個人への支払いが発生しい、そういえばネットバンキングが利用できるのだったと思い出し、コンピュータにむかい振込操作を始めた。
ところが、振込用のパスワードを要求され、これが思い出せないし、どこにも記録がない。
今後事業が拡大すれば、このような支払いが増えることも予測され(そのように期待し)るので、ゆうちょ銀行にパスワードを照会することにした。
そのためには、書類を郵送する必要がある。書式はダウンロードでき、ご丁寧にも、切り取って貼り合わせれば封筒になるデータまでついていた。
そして、これをいつものメール便で送ろうとした。
ゆうちょ銀行にメール便でおくるのもなかなか面白いのではないかと…
Rimg63511
事務所近くのヤマト運輸配送所までもっていくと
「さすがにこれは勘弁してください」
と、拒否された。
そういうもんかなぁ。ゆうちょ銀行と日本郵便は一応別会社なんだし…
郵便局に関するネタはいろいろあるので今後時々UPしてみようと思います。
フォト
2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリー

無料ブログはココログ